【阪神】井上広大、定位置獲りへ今オフからローリングス社の用具を使用 新相棒&鈴木誠也グラブや

2023年01月26日 00:02

[阪神タイガースちゃんねる]

抜粋

a
阪神・井上広大外野手(21)が24日、鳴尾浜で自主トレを行った。今季から用具提供をローリングス社に変更したことを明かし、グラブは米大リーグ、カブスの鈴木誠也(28)のモデルを使用。2月の春季キャンプは新相棒と新グラブで定位置獲得を狙う。

こだわり抜いた商売道具が、定位置奪取への頼もしい相棒だ。井上が新たにローリングス社から用具提供を受けることを明かした。

「ローリングスに変えました。(感触は)全然、悪くなかったです」

プロ入りから昨季までアシックス社の用具を使用。シーズン終了後、昨年10月の秋季練習から、ローリングス社の用具を使用している。しっかりと動き回れるよう、コンパクトなグラブを求めた結果、米大リーグ・カブスに所属し、野球日本代表の侍ジャパンにも選出された鈴木誠と同モデルを使用していることも分かった。

バットへのこだわりも存分に伝えた。「ヘッドの先端をくり抜いているものと、くり抜いていないもの。ちょっと太くしているもの。(キャンプに持っていくバットは)10本くらい」。この1月にローリングス本社への訪問も実現。長さは秋季練習で使用したバットより0・5インチ短い33・5インチとした。ニスを塗ったもの、塗っていないものの両方を用意してほしい、グリップは0・05ミリ厚くと要望。担当者は「若手選手ですが、イメージは玄人。バットに対しての意識が高く、いろいろなものを探している」と目を見張った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf7e8c5a55ff80977bd038c1ac746dc306ab4fe6

続きを読む

この記事を見る