中田良弘氏が今季の阪神を採点 投手陣の安定感は満点、やはり課題は

2022年11月24日 20:32

[阪神タイガースちゃんねる]

抜粋

阪神タイガース
 オリックスの26年ぶり日本一で幕を閉じた今季のプロ野球。両リーグ共に昨季の優勝チームが連覇を飾り、覇権奪回を狙ったライバルたちを蹴散らした。デイリースポーツ評論家の面々が、今季の各チームの戦いを採点。今回は球団OBでもある中田良弘氏(63)が、阪神の2022年を振り返った。

【投=10点、打=5点、守=5点、走=8点】※中田氏が各10点満点で採点

 投手陣の安定感は文句のつけようがない。その中で若手が出てきた点が大きい。先発陣は青柳、西勇、伊藤将といったところに西純や才木がいい内容を見せてくれた。リリーフも湯浅や浜地が台頭。打線が得点できない試合も辛抱していたし、来年への期待が持てる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/37afbb37299202fc73a1ec6f3001bf0352dd1d4d

続きを読む

この記事を見る