【阪神】金村投手コーチ 新助っ投アシストに審判を「質問攻め」

2020年02月27日 20:41

[阪神タイガースちゃんねる]

この記事を見る

抜粋

20200223-00000061-dal-000-5-view

 沖縄・宜野座キャンプを打ち上げた阪神で大きな収穫となったのがジョー・ガンケル(28=前マーリンズ3A)とジョン・エドワーズ(32=前インディアンス)の両新外国人投手だ。矢野燿大監督(51)も「投手では一番目立っていた」とガンケルの名前を挙げ、確かな手応えを口にした。

 その活躍の確率を少しでも高めたいと奔走したのが金村暁投手コーチ(43)だ。日米の投球判定の微妙な相違に戸惑い、本来の力を出し切れずに終わった投手も多い。投球モーションはキャンプ中なら、紅白戦やブルペン投球などで審判に「違反かOKか」の見解を求めることができるため、同コーチはこの機会を逃すまいと連日、審判を質問攻めにしたという。



続きを読む

関連記事