【朗報】阪神・ボーア、2タコも掛布HLT「バースよりも対応力がある」

2020年02月17日 18:00

[虎速]

この記事を見る

抜粋

IMG_7444



1: 風吹けば名無し 2020/02/17(月) 11:35:29.23 ID:sKx3FM0bp
春季キャンプ練習試合(16日、阪神7x-6楽天、沖縄・宜野座)新助っ人のジャスティン・ボーア内野手(31)=前エンゼルス=は2打数無安打だったが、視察した掛布雅之ハンシン・レジェンド・テラー(HLT、64)は好評価した。

この日も快音を響かせることはできなかったが、ボーアの表情が曇ることはなかった。

「感じは悪くなかった。1打席目はいい感じで打てた。2打席目もファウルで粘れたので、悪くなかったです」

初実戦だった15日の広島戦(宜野座)は一ゴロ、遊撃併殺で「自分に腹が立った」と話していたが、この日は「悪くない」と繰り返した。

二回先頭では、涌井の外角の変化球を左翼方向へ。フェンス手前で捕球されたが、パワーを見せつけた。三回1死一塁では空振り三振も、ファウルで9球粘った。

視察した掛布HLTは「今の状態は別に悪くないし、期待できる形でバッティングをしている」と評価。チームメートだった3冠王2度の助っ人を引き合いに出し
「バースよりもコンパクトに、バットのヘッドが体に巻き付いてくるので、対応力がある。(ボール球を)我慢できれば、ある程度の数字は残せる」とうなずいた。

「結果は出ていないけど、悪い感じはしない」とボーア。まだ実戦は始まったばかり。日本の野球に対応していく。

続きを読む

関連記事