阪神タイガース猛虎魂アンテナ

西勇輝「バッターが打てば勝ち星が増える、守備が良くなれば防御率下がるやん!」

2020年01月14日 22:30

[なんJ 野球をまとめてみたよ - 阪神タイガース]

この記事を見る

抜粋

西勇輝


1: 風吹けば名無し 2020/01/14(火) 08:28:31.91 ID:l/Iq9bmhM
 「全部、全部。総取りで悪いことはない。がっついてでも取りにいく」。先発投手のタイトルは防御率、勝利数、勝率、奪三振。これにベストナインとゴールデングラブ賞、沢村賞の7冠が基本だ。
これは18年に6冠を達成した巨人・菅野から授かったメソッド。目標はデッカく、だ。

 西勇自身、「毎年、12、13勝をと思っていた」と明かす。だが、虎のエースとして開幕投手も最有力。これまで、自分を客観視することを大切に、積み上げた成績が礎にある。
「1年目は、まず1軍に行くこと。次は1年間、1軍にいる。その次はローテ定着。全部自分が思ったことはクリアしてきた」。だから今、あえて口にする。

 「15勝するんだ、タイトルを全部獲るんだというのは、可能性が1%でも出てきたと思ったから、いま言っているだけ。ケガしなければ、なんとかって」

 野望を抱く背景には仲間の存在もある。昨年、共に戦った若虎ナインに可能性を感じ、成長を信じる。
「バッターがめっちゃ打ってくれたら、勝ち星がくるやんとか。守備が良くなって、防御率が下がった。なら、タイトルやなって」。後輩の姿を想像すれば自然と夢が膨らむ。エース道を歩むと誓った1年。偉大な称号とともに、タイトルも奪いにいく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000017-dal-base

引用元: ・西勇輝「バッターが打てば勝ち星が増える、守備が良くなれば防御率下がるやん!」

続きを読む

関連記事